島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

スタッフ田中の音楽放浪記(仮)~「CSP &NU1X ピアノコンサート」編~

12月9日(土) 18:00~イムズホールで開催しました。

この前までは、様々なイベントがありました。

いや、潜入取材しておりました。

fukuoka.shimablo.com


fukuoka.shimablo.com

今回は、この日最後の潜入取材です。
CSP &NU1X ピアノコンサートです。

内容紹介です。

あの曲を弾きたい。ピアノで弾きたい。その衝動に、どこまでもスマートに応える電子ピアノクラビノーバCSPシリーズ。まったく新しい発想と技術であなたが夢見ていたピアノライフを開花させます。
アコースティックのアップライトピアノを同様のアクション機構と木製鍵盤を、最新の音源や精巧なセンサー、音響技術と組み合わせることで、グランドピアノさながらの演奏感と、豊かな表現力を実現した新商品NU1Xと共に、ヤマハクラビノーバデモンストレーター真弓朋子さんの演奏でその魅力をお届けします。

今回、演奏するヤマハクラビノーバデモンストレーター真弓朋子さんです。

f:id:shima_c_fukuoka:20171210171930j:plain

今回使用するピアノは、CSP &NU1Xです。

こちらの2つの商品は、島村楽器福岡イムズ店で常時展示しております。

と軽く宣伝を入れたところで、中身に入っていきたいと思います。

入って、びっくりしたのが、模様替えしてました。
さっきまでとは全然違います。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210165301j:plain

まず初めに、鹿児島店小村が挨拶をします。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210165416j:plain

ヤマハクラビノーバデモンストレーター真弓朋子さんの登場です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210165609j:plain

様々なクラシックの名曲をメドレーにして演奏します。
皆様が知っているあの名曲の数々でした。

f:id:shima_c_fukuoka:20171210165801j:plain

ピアノをCSPに変更です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210165908j:plain

ここからは、CSPの魅力を余すことなくお伝えします。
CSPの特徴でもある場所によって、音を変えれるところです。
例えば、コンサートホールで弾いている雰囲気を味わいたいなら、そのモードがあります。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210170205j:plain

曲を流しながら、弾き語りもできます。
今回実践したのは、アナ雪で有名なレットイットゴーです。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210170424j:plain


他にもこういう機能がありますと説明をする真弓さん
f:id:shima_c_fukuoka:20171210170723j:plain

説明を聞いていると思わず、欲しくなりました。
中々、時間が忙しくレッスンに行けない時にちょっと練習出来るし、自分のペースで
出来るそんな商品です。

機会がありましたら、是非一度は触って欲しいピアノになります。
演奏していて楽しくなるそんな魅力を盛りだくさん盛り込んだ電子ピアノです。

島村楽器福岡イムズ店に常時展示しておりますので、遊びに来てくださいね。

スタッフ田中の音楽放浪記(仮)~Tasting Grand Piano/輸入グランドピアノ編~

皆様、こんにちは。

スタッフ田中です。

昨日からピアノフェスタがイムズホールで開催されてますが、今回潜入取材するのは、前回もお知らせしてましたが、Tasting Grand Piano/国産、輸入グランドピアノのイベントです。

簡単にどんな中身なのか紹介します。

160年以上にわたって世界最高峰のピアノを製作することに尽力し、比類なきピアノとして時代を超えて愛されるSteinway&Sonsや現存するピアノメーカーで世界最古の歴史を持ち100%madeInGermanyにこだわりながらも現代のライフスタイルとも完璧までに調和された姿を持つSAUTER、国産初のグランドピアノを作り上げ最も権威あるピアノコンクールでも使用され世界的に品質を認められているYAMAHA等、世界的なグランドピアノを当社ピアノインストラクター和田佳小里・福留綾の演奏と共に、その歴史から魅力までを解説します。

というもので、13時から国産編から開始です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
fukuoka.shimablo.com


16時からは、輸入編です。

デモ演奏をしてくれるのはインストラクター和田

www.shimamura.co.jp

説明をするのは、喜田です。

f:id:shima_c_fukuoka:20171210164052j:plain

喜田が現存するピアノメーカーで世界最古の歴史を持つSAUTERの説明をします。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210163647j:plain

和田が演奏します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210163733j:plain

f:id:shima_c_fukuoka:20171210163813j:plain

場所を移動して、いよいよSteinway&Sonsの登場です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210164014j:plain

和田も説明をします。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210164131j:plain

Steinway&Sonsの詳しい内容まで踏み込みます
この写真、場合によってはピアノの大安売りに群がる人々というタイトルを付けたいぐらい
お客様は、食い入るように説明を聞いておられました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210164426j:plain

最後は、和田が今回使用した一番気に入ったピアノで演奏します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210164530j:plain

まず、なんで選んだかなどを言い、演奏します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210164627j:plain


今回使用したピアノはSAUTER・Steinway&Sonsを使って演奏しました。

Steinway&Sonsは、様々な特許を取得しているなど興味がないと知りえない内容が盛りだくさん話しました。
しかも、ピアノのあるところに書いてあります。という驚きました。

国産・輸入と二つのイベントを体験致しましたが、こうも違うとどちらがいいか迷ってしまいます。

これは、最終的には、自分の好みになってくるのではないかと思います。

皆さまにとって、いい相棒に出会えるお手伝いが微力ながらできればと思います。

続いては、CSP &NU1X ピアノコンサートに行ってきます。
fukuoka.shimablo.com

スタッフ田中の音楽放浪記(仮)~Tasting Grand Piano/国産グランドピアノ編~

皆様、こんにちは。

スタッフ田中です。

昨日からピアノフェスタがイムズホールで開催されてますが、今回潜入取材するのは、前回もお知らせしてましたが、Tasting Grand Piano/国産、輸入グランドピアノのイベントです。

簡単にどんな中身なのか紹介します。

160年以上にわたって世界最高峰のピアノを製作することに尽力し、比類なきピアノとして時代を超えて愛されるSteinway&Sonsや現存するピアノメーカーで世界最古の歴史を持ち100%madeInGermanyにこだわりながらも現代のライフスタイルとも完璧までに調和された姿を持つSAUTER、国産初のグランドピアノを作り上げ最も権威あるピアノコンクールでも使用され世界的に品質を認められているYAMAHA等、世界的なグランドピアノを当社ピアノインストラクター和田佳小里・福留綾の演奏と共に、その歴史から魅力までを解説します。

というもので、13時から国産編から開始です。

今回デモ演奏してくれるのは、ミュージックサロン福岡ピアノインストラクター

www.shimamura.co.jp

解説するのは、イオンモール筑紫野店寺崎が行います。

f:id:shima_c_fukuoka:20171210160912j:plain

8台の国産グランドピアノを演奏します。
今回は、この日本を代表する2大メーカーYAMAHAKAWAIです。

早速、テイスティング開始です。

とその前に、簡単にグランドピアノの説明などします。

f:id:shima_c_fukuoka:20171210161159j:plain
お客様も熱心に聞きます。

いざ、テイスティング!!
f:id:shima_c_fukuoka:20171210161325j:plain

グランドピアノだけでは、分かりづらいので、アップライトピアノテイスティングです。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210161548j:plain

グランドピアノを変えて、演奏します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210161940j:plain

ピアノをコロコロ変えつつ、寺崎が説明をし、福留が演奏をするという繰り返しを数回します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210162423j:plain

最後に、お客様にどれが一番良かったか聞きます。
どれも良かったので、一番か決まらず

寺崎が2つに絞って、どっちがいいかと聞いたら、片方に満場一致になりました。
最後は、そのピアノを使用しフル演奏で締めくくります。
f:id:shima_c_fukuoka:20171210162815j:plain



二つのイベントを体験致しましたが、こうも違うとどちらがいいか迷ってしまいます。
例えば、音の響き方や広がり方、或いは深みなどメーカーでも違いはあります。

ただ、それが微妙な差という場合もあるので、最終的には、自分の好みになってくるのではないかと思います。

次は、輸入編になります。
続きは、こちらをご覧ください。
fukuoka.shimablo.com

スタッフ田中の音楽放浪記(仮)~ピアノフェスタ2017初日編~

おはようございます。

本日からピアノフェスタが遂に始まりました。

多くのピアノが勢揃いしております。

入場口が分かりづらいお客様もいらっしゃるかもですので、分かりやすく解説致します。

イムズに来ていただいたら、エレベーターをご利用の方は、9階まで乗っていただき降りたら、右の方向に進んでいただくと通路奥にミュージックサロン福岡がございますので、その途中に受付の机がございますので、そちらからご入場ください。

エスカレーターご利用の方は、9階まで乗っていただき左側に進んで頂くと受付の机が見えるので、そちらからご入場ください。

f:id:shima_c_fukuoka:20171208104205j:plain

万が一、分かりづらい場合は9階ミュージックサロン福岡を目指して頂ければと思います。

入場して頂くと、まず初めに電子ピアノとアップライトピアノが見えてくると思います。

f:id:shima_c_fukuoka:20171208104335j:plain

奥に進んで頂くとアップライトピアノ通りがあります。
f:id:shima_c_fukuoka:20171208104458j:plain

f:id:shima_c_fukuoka:20171208105311j:plain
グランドピアノも調律完了で展示してます。

f:id:shima_c_fukuoka:20171208105855j:plain
中々楽器店であまり見かけないSTEINWAY&SONSがあります。
写真左は、1915年製のビンテージものになります。
写真右は、1975年製のものになります。

こうしてみると、様々なピアノが見れるのでピアノを購入を考えている方を初め多くの人が楽しめるフェスタになっております。

明日から、イベントが盛りだくさんありますので、お楽しみ!!

以上、スタッフ田中の音楽放浪記(仮)でした。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.