島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

スタッフ田中の音楽放浪記(仮)~壇 遼氏と加藤 優太(島村楽器クラシックギター講師)によるデュオコンサート編~

前回のスタッフ田中の音楽放浪記(仮)です。
fukuoka.shimablo.com


イベント最後は、壇 遼氏と加藤 優太(島村楽器クラシックギター講師)によるデュオコンサートです。

こちらも潜入してきました。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204151109j:plain

演奏者の簡単なプロフィール紹介です。

fukuoka.shimablo.com





加藤 優太(島村楽器クラシックギター講師)です
www.shimamura.co.jp


演奏曲は、はかなき人生(M.de.ファリャ)/ジョンゴ(P.ベリナティ)ほかでした。




横光の挨拶からスタート。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204151145j:plain

いざ演奏開始です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204151549j:plain

1曲目が終わり、MCです。
壇さんと加藤が演奏するのも今回で3回目などの話をします。
それから、この日に演奏する曲の紹介をします。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204152205j:plain


いざ、次の曲に入る前に壇さんがあるものを発見!!
「加藤さん、それ何ですか?」

「これは、後で話そうかと思ってたんですが楽譜が入ってるんですよ。」

f:id:shima_c_fukuoka:20171204152732j:plain

タブレット端末にダウンロードすれば、見れるんですよと凄く便利で最近どんどん増えてます。

ただ、2つだけ問題なのが持ってくるのを忘れたと演奏中にバッテリーが無くなったです。

その2点さえクリア出来たらとても便利ですね。

気を取り直して、演奏再開です。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204153258j:plain

その後も、会場も熱くなり、情熱的な演奏が繰り広げられます。
演奏が終わり、お互いに称えます。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204153630j:plain

会場からは、アンコールの嵐がなります。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204153756j:plain

f:id:shima_c_fukuoka:20171204153909j:plain

情熱的な演奏会は、無事に終了しました。
ご清聴ありがとうございました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204154046j:plain

次は、どこに放浪しようかと考えてます。
ってもう決まってます。

12月8日からイムズホールで今度はピアノフェスタを開催します。
www.shimamura.co.jp

イベント盛りだくさんで、初のイムズホールで開催なので潜入取材してきます。

乞うご期待!!

スタッフ田中の音楽放浪記(仮)~ヴァイオリニスト工藤真菜氏による バイオリン弾き比べ&ミニコンサートInイムズホール~

ヴァイオリニスト工藤真菜氏による バイオリン弾き比べ&ミニコンサートが12月3日(日)15時、イムズホールで行われました。

皆様、こんにちは。

本日、訪問したのは昨日に引き続きイムズホールです。

このイベントの前に別のコンサートに行っていたのですが、その模様は下のリンクをクリックしてご覧ください。

fukuoka.shimablo.com

何とか間に合ってよかったんですが、会場に着くと多くのお客様がもうすでにおられました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204143451j:plain

今回のイベントは、ヴァイオリニスト工藤真菜氏による バイオリン弾き比べ&ミニコンサートです。

このイベントを簡単に説明すると、会場に展示しているバイオリンの中から4本を弾き比べてもらい、客観的に音色の違いを感じていただき、プロが弾くとどんな音色なのかをご堪能していただくものです。また、楽器の説明を当社マイスター茂木がします。

今回演奏して頂く工藤さんの簡単なプロフィール紹介です。

f:id:shima_c_fukuoka:20171201143806j:plain

東京藝術大学附属音楽高校、同大学を卒業。様々なコンクールで優秀な成績を収める。また、ソリストとして、日本フィルハーモニー、広島交響楽団九州交響楽団など幅広く共演。現在、東京と福岡を拠点にソロ、室内楽、オーケストラ、後進の指導の各分野で活躍中。また、コンサート企画やイベントへの出演など広く関わっている。

今回、使用するバイオリンです。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204143122j:plain

左2本がイタリア産、左から3本目がフランス産、左から4本目がドイツ産です。

いよいよコンサートが開始です。
まずは、工藤さんと茂木が挨拶を兼ねて話をします。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204143703j:plain

1本目の説明です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204143839j:plain

バイオリンは、変わりますが、弓だけは変更しません。
弓を変えるとバイオリンの弾き比べの意味がなくなるので、変えずに演奏です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204144113j:plain
事前に工藤さんが会場にある弓を1本だけ厳選したものを使用です。

挨拶代わりに愛の挨拶を演奏です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204144506j:plain

演奏が終わるとこのバイオリンがどういう感じなのかを説明していきます。
このバイオリンは、とてもくびれが細いんですよね。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204144736j:plain

2本目の説明です。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204144942j:plain

演奏します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204145204j:plain

演奏終了後、お客様が拍手されるのですが、ずっと拍手をするかわいい小さな女の子がいたんですよね。
ありがとうねと工藤さん
会場が少しほっこりしました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204145349j:plain

3本目のフランス産バイオリンの説明・演奏です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204145550j:plain

最後は、ドイツ産です。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204145654j:plain

演奏が終わると楽器の魅力だったり、一度にこれだけのバイオリンを見ることが出来ることはいいねと工藤さんが最後に言われておりました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204150031j:plain

プロが弾くとこんなに変わるし、生産国でこうも音色が違うと迷ってしまいます。
バイオリンの魅力が存分に味わえるコンサートだったと思います。

では、このあと別のイベントに行ってきます。

その模様は下のリンクをご覧ください。
fukuoka.shimablo.com

スタッフ田中の音楽放浪記(仮)~壇 遼氏(だん はるか)によるプライベートギターコンサート編~

12月3日(日)14時から行われた壇 遼氏(だん はるか)によるプライベートギターコンサートに潜入してきました。

場所は、10階特設会場です。

簡単に壇さんのプロフィール紹介です。

壇 遼氏 プロフィール

f:id:shima_c_fukuoka:20171204161835j:plain
福岡県みやま市出身。11歳よりギターを独学ではじめ、14歳よりギターを石橋正一、池田慎司、音楽理論をピアニストの夏川由紀乃各氏の下で研鑽を積む。
これまでに福田進一、藤井眞吾、山口修、大萩康司、宮川勝智、坂場圭介、ヴァイオリンの荒田和豊各氏、多数演奏家よりマスターコースを受講する。
2015年に渡欧し、スイス・バーゼルにてパプロ・マルケス、スペイン・リナレスにてフランシスコ・クエンカ各氏のレッスンを受講。
約2年間、大川・古賀メロディーギターアンサンブルのギター奏者としてメンバーに加入、東京、四国公演他、地元を中心に演奏活動を行う。
2010年大阪ギターフェスティバルの四重奏部門にて、ウィリアム・カネンガイザー、福田進一よりマスタークラスの受講&生徒コンサートの演奏を行う。
2005年第7回九州音楽コンクール楽部門高校生クラス銅賞。2007年第39回ヤマハギターフェスティバル上級部門優秀賞。
2010年第38回山口ギターコンクール上級の部優勝。2012年第58回九州ギター音楽コンクール次席。
ソロ演奏をはじめ、他楽器や朗読との共演ほか、ギターユニット「どんでばもす」を結成し、県内外各地で演奏活動を行っている。
2016年9月、1stソロアルバム「natural」をリリース。
はるかギター教室(みやま市大牟田市佐賀市福岡市南区井尻)主宰。

プロフィールを紹介したところで、早速ですが、コンサートの模様をレポートします。

まずは、今日演奏するギターです。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204120440j:plain

開演に伴い、担当横光から挨拶です。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204120926j:plain

壇さんからも簡単に挨拶です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204121207j:plain

今回は、クラシックギターフェスタで展示している5本の商品を使って、演奏します。

壇さん、どれから弾くか悩んでおられましたが、まず最初の一本目をこれだとばかり手に取られました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204121724j:plain


このギターの特徴など話します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204134846j:plain

演奏が始まるとお客様、熱心に壇さんが鳴らすギターの世界に吸い込まれておりました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204135048j:plain

さらに、壇さんの世界に吸い込まれるべく2本目に突入です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204135458j:plain

演奏が終わり、壇さんがギターの説明してなんか補足ないですか?担当横光に振ります。
補足として、黒澤さん親子の工房の話などを話します。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204135910j:plain

5本のギターの中には、最近買い付けをしたギターもあり、フェスタ中なので少しお得になってます。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204140117j:plain

演奏の合間に、ギターの話などされてたんですが、その中で「値段が高いから名器と言われることもありますが、名器とは、自分と相性がいいものじゃないかな」と深い話をされていたので、お客様でクラシックギターをされている方にとっては、凄く心に響いたのではないでしょうか。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204140605j:plain

買い換えるときは、ぜひ島村楽器福岡イムズ店でお願いしたいものです。

今回、演奏曲したのは、3つのケルト音楽/演奏会用練習曲(S.タールベルク)/愛の賛歌(R.ディアンス編)などです。

最後は、愛の賛歌です。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204140738j:plain

壇 遼氏(だん はるか)によるプライベートギターコンサートとタイトルがありますが、サブタイトルを付けるなら、美女とクラシックギターってつけたいぐらいお美しい方でした。

クラシックギターも美しく麗しい音色の数々でした。

壇さんも言っておられてたのですが、「私のコンサートでよく言われるのが、曲の構成もあると思うんですが、眠たくなるんですよねとお客様に言われる方が多いんですよ」と話されました。

演奏を聴いてて、うっとりするほどの音色だったので私も心地よい気分になりました。

決して、寝ることは致しておりません。

癒し効果があるかもしれませんね。

どういう感じか聞きたい方もおられるはず。

2016年9月、1stソロアルバム「natural」が、島村楽器福岡イムズ店で絶賛発売中ですので気になる方は、お立ち寄りください。
試聴も可能です。

f:id:shima_c_fukuoka:20171204141419j:plain

店頭ではこんな感じで並んでます。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204141510j:plain

ご清聴ありがとうございました。
f:id:shima_c_fukuoka:20171204141627j:plain


この後、15時から別のイベントがあるので、そちらに行きますのでこの辺りで失礼します。

F U K U D O M E N O W ! ! ~福留ピアノインストラクターによるブログ2017 11月編~

2017.11.25 島村楽器のクリスマス♪

楽器店内がクリスマス一色になってきました。

この黄色の学典という本、音楽大学を志す人なら必ずと言っていいほど勉強する本です。そのとなりにミニチュアノートがあります。
よくバイエル教本やハノン教本は見かけますが、楽典のミニチュアノートは珍しいですね♪

おすすめ記事

ピアノフェスタがやってきます。
www.shimamura.co.jp

2017.11.15 クラリネット壊しちゃった

クラリネット壊しちゃった」という曲がどうしても弾きたくなり、林インストラクターに教えてもらいました。

手書きの5線シートを作ってもらい、それを見ながらのレッスンでした。クラリネットは木の温もりが指に伝わってきます♪

実は林インストラクターも製作に協力したと言われる教則本があります。制作秘話を聞くのもいいかも。

Training Book for Clarinet  クラリネット教本


2017.11.05 ハロウィン♪

ハロウィンが終わりました。店頭にはハロウィン塗り絵があり、私も早速チャレンジしました。

Trick or Music ♪』!?お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうよ!が音楽で楽しませてくれなきゃいたずらしちゃうよ!ということでしょうか?(笑)

なかなかのユーモアです。小さなお子様にはサプライズがありました。今から年末に向けて、イムズクリスマスコンサートやピアノフェスタがあります。

おすすめ記事では旬の音楽教室のホームページをご紹介します。どうぞご覧ください↓

おすすめ記事

fukuoka.shimablo.com

2017.11.01 ブログを新設しました!!

FUKUDOME NOW !!始めます。島村楽器店のフレッシュな情報をお届けしようと思います。月3回の更新を目指します♪

私の紹介ページがありますので、ご覧ください。

www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.