島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【クラシックギター工房買い付け旅行記】黒澤澄雄氏編

こんにちは!
福岡イムズ店クラシックギター担当の横光です。
f:id:shima_c_fukuoka:20150814095403j:plain
年2回、ここ福岡イムズで行われているクラシックギターフェスタでは毎回島村楽器独自で買い付けてきたクラシックギターがたくさん店頭に並びます。
その、「買い付け」にこの度私、横光が同行させて頂き実際に木材を選ぶことになりました!!!(パチパチパチパチ)
買い付けた商品は、12月に行われるクラシックギターフェスタで特別商材として展示されます。
毎回、皆様をあっと驚かせるギターを買い付けておりますが、私も皆様の喜ぶ顔を想像しながら木材を選んできました!

そこで今回は【クラシックギター工房買い付け旅行記】と題しまして、黒澤澄雄さんの工房での買い付けをレポートしたいと思います!

と、その前に黒澤澄雄さんのプロフィールを簡単にご紹介します。

黒澤澄雄

f:id:shima_c_fukuoka:20150806123936j:plain
1958年 ギター制作家 黒澤常三郎氏のもとで製作を学ぶ。
1963年 スペインに渡り約二年アグアド他スペインの名工の下で学ぶ。
現在、日本を代表するクラシックギター製作家の一人である。息子の黒澤哲郎氏も若手クラシックギター製作家で注目を集めている。

まず、私たちが訪問したのは黒澤澄雄さんのギター工房です。
f:id:shima_c_fukuoka:20150806124641j:plain
f:id:shima_c_fukuoka:20150806125744j:plain
2階の工房に上がる途中に大量の木材が保管してある倉庫がありました。
f:id:shima_c_fukuoka:20150806130240j:plain
黒澤澄雄さんはかなりの木材を集めている方だそうで、これからの選定できる木材も楽しみになってきました。
作業場に入ると、製作途中のギターや木材などが置いてありました。
f:id:shima_c_fukuoka:20150806131728j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20150806131737j:plain
黒澤澄夫さん本人から木材についやギター製作についてのお話をしていただきました。
f:id:shima_c_fukuoka:20150806132544j:plain
左が南船橋店の和田さん、右が私横光
ここから実際に木材の選定に入ります。
f:id:shima_c_fukuoka:20150806132550j:plain
和田さんも横光も真剣な表情?で木材を見つめています(笑)
澄雄さんのギターで今回選定するのは、No35/アグアドタイプヘッド1本とNo60/C/アグアド/マダガスカルローズウッド2本です。
では、NO.35の選定木材をご覧ください。

No35/アグアドタイプヘッド

f:id:shima_c_fukuoka:20150806144239j:plain
表板スプルース、横裏板ローズウッドの澄雄さん定番モデルです。スプルースは木目が整っており綺麗で、非常に弾力があるものを、ローズウッドは濃く綺麗な柾目のものを選びました。
続いて、No60/C/アグアド/マダガスカルローズウッドです。

No60/C/アグアド/マダガスカルローズウッド①

f:id:shima_c_fukuoka:20150806144049j:plain
こちらの木材は南船橋店の和田さんが選んだものです。







f:id:shima_c_fukuoka:20150806145055j:plain

見てください、このドヤ顔。
ここまで自信満々な顔されると何も言えないですね(笑)
でも、さすが和田さん。素晴らしい木材を選んでらっしゃる。
表板は杉なのですが、何とこれがもう今は伐採禁止に指定されているレッドウッドなんです!!!
そのレッドウッドから和田さんも私もできるだけ濃いものを!ということで選びました。
さらに、横裏板はマダガスカルローズウッドで写真でみる通り凄まじい木目をしています。

続いて、私が木材を選んだNo60/C/アグアド/マダガスカルローズウッドです。

No60/C/アグアド/マダガスカルローズウッド②

f:id:shima_c_fukuoka:20150806150958j:plain
見てのとおり、裏板のマダガスカルローズウッドはこれでもかと主張する板目を選びました。真ん中の白い木目がカッコ良く、一目見て惚れてしまいました(笑)しかも、写真の両端に置いてある横板の木目にもマッチするように選んだので非常にバランスのいい見た目になると思います。
もちろん、私が選んだ表板の杉も希少材のレッドウッドです!

木材の選定が終わった後は、澄雄さんと記念写真を撮らせて頂きました。
f:id:shima_c_fukuoka:20150806152020j:plain
温和な人柄で優しく私たちにギターのことについて教えていただきました。
そんな、澄雄さんの性格が楽器にも現れているんじゃないかと思いました。

そして、息子さんの哲郎さんも工房にいらっしゃたので、写真を撮らせていただきました。
f:id:shima_c_fukuoka:20150806152518j:plain
哲郎さんは前回5月のクラシックギターフェスタで点検会でお世話になりましたので、2ヶ月ぶりでした(笑)
福岡が大好きな哲郎さん、またぜひ来てください!




今回は黒澤澄雄さんの買い付けのレポートをお届けしました!
次回は横尾俊祐さん、横尾真人さんの工房をレポートしますのでぜひお楽しみに!

買い付けた商品に関するお問い合わせは福岡イムズ店横光までご連絡くださいませ!
店頭にも多くのクラシックギターを取り揃えております。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

お問合せ

店舗:島村楽器 福岡イムズ店
電話番号:092-736-5610
担当:横光

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.