読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【管楽器フェスタ2015 (木管楽器編) 】スタッフブログ第3弾~YAMAHAサックス Custom Z~

f:id:shima_c_kokura:20151126170855j:plain
こんにちは!島村楽器小倉リバーウォーク店 管楽器担当の佐藤です。
今回で16回目の管楽器フェスタ。私も楽しみにしている管楽器フェスタ。皆様もきっと楽しみにしている管楽器フェスタ!ワクワクが止まらない!
という事で、今回のスタッフブログは私、佐藤が『YAMAHAサックス Custom Z』について語ります!

語る前にまずは、管楽器フェスタ紹介の紹介!
『管楽器フェスタ2015(木管楽器編)』
・日時:12月19日(土)~12月23日(水・祝) 10:00~20:00
・会場:福岡天神イムズ10F特設会場 天神イムズ | Inter Media Station IMS

今回で16回目となる管楽器フェスタとは、いつもはお店に置いていない楽器を体感していただける管楽器の祭典です。今回のフェスタ会場は木管楽器(サックス・フルート・クラリネットオーボエ)の展示がメインになります。見て、触って、試奏して、さらに楽器点検会や、コンサート、セミナーなどイベントも満載の5日間です。ここでしか出会えない、1本との出会いがあるかもしれません。

さて、管楽器フェスタの紹介もした所で、早速本題へ!

YAMAHAサックス Custom Z』

f:id:shima_c_kokura:20151126175325j:plain
Concept
ヤマハカスタムZの誕生は、世界のサックス界に新たな衝撃を与えました。最新のメカニズムとイントネーションを採用することで、パワフル且つ繊細な音と絶妙のタッチ感を兼ね備えることに成功したのです。正確なスケールデザインに基づき、軽量で強固に設計された管体と、抜群の操作性など、プレイヤーの誰もが求める希望に応えています。カスタムZ は全音域がムラなく安定しており、感性のままに大きくあるいは小さく、音をコントロールできるダイナミックな音域を持っています。カスタムG1ネックとのコンビネーションにより、敏捷なレスポンスが実現。それと同時に、キイの操作性とタッチ感のバランスが最適化されました。幅広いジャンルの音楽表現に適応するこの楽器により、プレイヤーは望むままに音を創造することができるのです。
Custom Z - Custom サクソフォン - ヤマハ株式会社より

上記コンセプトで何となく、凄いんだなぁ・・・というのがわかるかと思いますが、具体的になぜ凄いのか紐解いていきましょう!
アルト・テナーサックス編~YAS-82Z・YTS-82Z~
■特徴1 ハンドメイド1枚取りベル・新彫刻デザイン
f:id:shima_c_kokura:20151126183743j:plain2013年8月から製造されている現行モデルにはハンドメイドで作られた1枚どりベルを採用。これにより、中低音域の繋がりがスムースで、音色により一層の芯が生まれました。また、匠による細かなデザインの手彫り彫刻もあり高級感のある概観となっています!
・ベルの工法・
ベルを形作るには、2枚どり工法と1枚どり工法があります。
2枚どり工法・・・ほぼ全ての工程を機械加工で行う事ができ、均一な厚さを持ちます。
1枚どり工法・・・1枚のイチョウ型の板を丸め、熟練した職人が何百回も叩いて成形します。
つまりは、職人さんの技が光るサックスということですね!!

■特徴2 メタルレゾネーターパッド採用
f:id:shima_c_kokura:20151126190443j:plainヤマハサクソフォンで初めてメタルレゾネーターパッドを採用。今までのプラスチックレゾネーターパッドと比べ、より一層クリアな音色と反応性の向上を実現。
・メタルレゾネーターパッドの感想・
輝かしい音色で、音の立ち上がりが鋭く、金属質な響き。ジャズやフュージョンにオススメです!

■特徴3 新ネック採用
f:id:shima_c_kokura:20151126193954j:plainf:id:shima_c_kokura:20151126191956j:plain幅広い音楽表現に応える、V1タイプカスタムネック。息がしっかり入り余すことなく楽器を鳴らせます。抜群の吹奏感でクリアで豊かな響きが得られ、ダイナミクスレンジの広さが特長です。また、音孔がマウスピースよりにあり、高音域を鳴らすのが得意なネックです。

■特徴4 可動式フロントFキイ採用
f:id:shima_c_kokura:20151126195755j:plainHigh F キイの開きを調節でき、プレイヤーの様々な好みに対応可能となりました。つまり、可動式にすることでフラジオ奏法がしやすくなったのです!

ヤマハ82Zといえばこの方!
フィル・ウッズ
フィル・ウッズ - アーティストを知る - ヤマハ株式会社
2002年発売のヤマハ82Zの開発に深く携わったJAZZ界の巨匠、フィル・ウッズ氏。
ジャズだけでなく、ビリー・ジョエル「素顔のままで」のサックス・ソリストとしても有名です。皆様、一度は耳にした事があるのではないでしょうか?
フィル・ウッズ氏は、初めてヤマハ82Z(アンラッカー仕様)を演奏したとき『この地球上で最高のサックスだ。どんなに金を積まれようとどんなに寿司をおごられようとこの主張に揺らぎはない』と語ったそうです。それからずっとYAS-82ZUL(アンラッカー仕様)を愛用されていましたが、今年9月29日に亡くなられました。(享年83歳)
因みに、jazz Life(雑誌)2015年12月号のスペシャル記事でフィル・ウッズ氏が載っていますので、気になった方はチェックしてみて下さい!!

巨匠の愛した82Zですが2013年8月よりマイナーチェンジし、更に操作性も向上!進化した82Zとなっています!そして、アルト・テナーのカスタムZについてご紹介してきましたが、ヤマハカスタムZはアルト・テナー以外にもあるんです!そう!ソプラノです!

ソプラノサックス編~YSS-82Z・YSS-82ZR~
■特徴1 管体一体式ネック&一枚取りベル
ネックと管体との接合部が無く完全な1ピース。ベルはイチョウ型から成型するハンドメイドでネックからベルまでの管体部分を1枚の板のみで製作されています。
・YSS-82Z ストレートネック・
ストレートネックは素直に息が入り、輪郭のはっきりとした明るい音色が特長です。
・YSS-82ZR カーブドネックネック・
カーブドネックはやわらかな音色と適度な抵抗感が特長です。
■特徴2 JAZZに適した音程&吹奏感
JAZZ奏法で演奏する音色やタンギングにフィットする性能を持ち、JAZZ志向に強い個性を持った楽器です。
※ソプラノカスタムZにはメタルレゾネーターパッドではなくプラスチックレゾネーターパッドが使われています。

カスタムZシリーズの凄さ、少しでも伝わったでしょうか?楽器作りのプロ達があーでもない、こーでもない!と試行錯誤しながら作り上げた楽器です。ぜひ、手にとって確かめてください!


いやはや、長々とカスタムZサックスについて語りましたが、楽器の良さは自分の体で確かめることが一番です!そして、ここではYAMAHAサックス Custom Zシリーズについてばかり紹介していますが、世間には本当にたくさんの良い楽器が存在します。一度にたくさんのメーカーのさらに複数の品番の楽器に出会える機会はあまりありません!ぜひ、管楽器フェスタを利用してたくさんの楽器と出会ってください!そして、見て、聞いて、触って、良さを体感してください!!皆様のご来場をお待ちしております!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.