読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【管楽器フェスタ2015 (木管楽器編) 】スタッフブログ第4弾~SEシリーズとCSシリーズ~

f:id:shima_c_fukuoka:20151130212919j:plain
こんにちは!島村楽器イオンモール筑紫野店 管楽器担当の廣瀬です。

スタッフブログ第1弾でもお伝えしていた通り、『管楽器フェスタ2015(木管楽器編)』がいよいよ開催されます。

日時:12月19日(土)~12月23日(水・祝) 10:00~20:00

会場:福岡天神イムズ10F特設会場 天神イムズ | Inter Media Station IMS



今回の内容はYAMAHA クラリネット SEシリーズ・CSシリーズ』についてです!


ヤマハクラリネット2つの個性


はじめてヤマハブランドのクラリネットが誕生したのが1967年。
これまでの約50年、多彩な個性を備えたモデルがリリースされ、それぞれの個性を極めるべく生まれた“SE”“CS”。
ヤマハの楽器作りを支えてきたのは、攻防と舞台のコラボレーション。
クラフトマンたちの積み重ねてきた感覚や技術と演奏家たちの豊かな経験や感性との融合が、楽器を進化させ続けています。



f:id:shima_c_fukuoka:20151130211842j:plain
■やわらかく重厚感ある響き SEシリーズ
自然な吹奏感をもち、より豊かな音色がコンセプトのSEは、太い息のプレーヤーが表現しやすい楽器。内径のストレート部が短く、径の広狭(もしくは大小)の違いが大きいため、内径はなだらかに広がる形状になり、やわらかく甘い音質となっている。

f:id:shima_c_fukuoka:20151130211842j:plain



■クリアで伸びのある音色 CSシリーズ

内径のストレート部が長いCSは、芯のあるクリアな音質を特長とする。より自然な吹奏感で、遠くまで自然に音が伸び、しっかりと響くことをコンセプトに設計された。ドイツ管に近い内径形状を採用し、そのまとまりのある音は幅広い多様な音色を生み出す。

f:id:shima_c_fukuoka:20151130211940j:plain




■内径のテーパー(広がりの強弱)の違い
・SEシリーズ
f:id:shima_c_fukuoka:20151130212000j:plain
テーパーが長く、ストレート部が少ない。ふくよかな、温かい響きをもつ。


・CSシリーズ
f:id:shima_c_fukuoka:20151130212018j:plain
テーパーが弱めでストレート部が強調されている。伸びあるストレートな響き。



■音孔の大きさ
f:id:shima_c_fukuoka:20151130212106j:plain
f:id:shima_c_fukuoka:20151130212113j:plain
管に開けた音孔は、CSよりもSEのほうが、若干大きくなっている。また、音孔のテーパーはSEのほうが広がっている。


■内径の違いとジョイントリング
f:id:shima_c_fukuoka:20151130212136j:plain
ベルにつながるジョイント部分は、CSのほうが若干広く、ベルへと急に広がっていく。また、SEはVシリーズからよりSEらしい豊かな音色を強調させるため、ジョイントリングが装着された。(SEのジョイントリングは、Vシリーズのみ)


■長年にわたり愛用される名器カスタムシリーズ CS・SE
YCL-852II(カスタムCS) 調子=B♭
YCL-853II(カスタムSE) 調子=B♭

内径のテーパー(広がりの強弱)により、それぞれの個性を響かせるカスタムシリーズ。CS・SEの歴史はここから始まった。管体にグラナディラ、キーに洋白鍛造銀メッキを採用し、高級感のある仕上がりとなっている。
クラシックはもちろん、アンサンブル、ジャズなどジャンルを選ばないエントリーモデル。



■充実感のある音色を実現Vシリーズ CSーV・SEーV
YCL-852IIV(CS-V) 調子=B♭
YCL-853IIV(SE-V) 調子=B♭

より安定した音程と、吹奏感の向上を目指したVシリーズ。洋ナシ形状のバレルを採用したほか、音程の安定を図るためベル内側に窪みを付けた。また、SEーVではその特長をより強めるためジョイントリングを装着。

■洋ナシ形状のバレル
より厚みのある音を求めた結果、洋ナシのような独特の形状となった。(VおよびVmasterシリーズで採用)
f:id:shima_c_fukuoka:20151130212153j:plain

左=洋ナシ形状のバレル 右=通常のバレル

■しなやかで滑らかな上質の響きVmasterシリーズ CS・SE
YCL-CSVmaster 調子=B♭
YCL-SEVmaster 調子=B♭

自然素材の塗料採用により、滑らかで品のあるしなやかな響きを実現。レゾネーター付きタンポを装備し、タンポによる音の吸収を防ぐことで、より自然な響きを得られる。CS・SEの最高峰、Vmasterシリーズ。

C#/G#音孔
音程をとりにくいC#/G#音孔に立ち上がり音孔を採用。(VmasterシリーズおよびIdealで採用)
f:id:shima_c_fukuoka:20151130212203j:plain



今回はSEシリーズとCSシリーズについての更新でした。
文章だけだと伝わりづらいので、実際に見て!触って!聞いて!吹いてみて!自分に合った楽器を見つけてみませんか?
皆様のご来場心よりお待ちしております!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.