島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

福岡ギター修理のすゝめその7~ナット交換~

皆様こんにちは!

リペアマン尾仲です!

一段と寒さが厳しくなりましたが、風邪をひかないようにみなさん気をつけてくださいね(*ゝω・*)ノ

さて、今回はナット交換の模様をお届けしたいと思います!

ちなみにナットとはこの白いパーツのことです!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180552j:plain
ナットというパーツは消耗パーツです!少しずつとの摩耗により削れていきます。ネックの反りも高も大丈夫なのに開放でビビるという場合はナットが交換時期にきている場合があります!
また、錆びたでプレイし続けるとナットの消耗も激しくなりナットの寿命が短くなるので気をつけてくださいね(>_

ではナットの役割から説明していきましょう!
まず、ギターやベースにおいて、を支えている点、いわゆる支点となる部分がナットとサドルになっております!
このの支点である部分がしっかりしていないと振動を殺してしまうことになります!
難しい説明は省きますが、支点であるナットやサドルがしっかりしていればそれだけギター本体が鳴りますし、サスティーンも長くなります(≧∇≦)b
それゆえに、楽器を良くする方法としてナット交換がカスタムの第1歩として認知されているのですね!
また、ナットの素材を変えることで、音色もコントロールできたり、チューニングを安定させたりできるんです!
またまた、弾き心地にもナットは影響するんですよ!
例えば、間ピッチ(の間隔)を変えて、より自分のプレイスタイルに合った弾き心地に変えることもできます(*^_^*)
さて、そんな夢の広がるカスタマイズ『ナット交換』の模様をご覧いただきましょう!



今回はレスポールタイプのギターです!

これが元の状態です!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180624j:plain
付いているナットはプラスチック系の樹脂ですね!

まずはナットを外します!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180647j:plain
ナットの周りに塗装がのっているため、ナットをはずした際に塗装が剥がれないように切れ込みを入れてから外します!


外れました!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180711j:plain
ナットの底面にも、ギター側にも接着剤がベッタリ( ̄。 ̄;)
しかも、ナットがのっかる面積の半分くらいは塗料の膜で覆われています。
これでは、ナットからネックへ振動がうまく伝わりません。


今回は蚤を使い接着剤、塗料をキレイに取り除き、ナットが密着するようにネック側の溝を平面にバッチリに仕上げます!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180744j:plain

素晴らしくキレイになりました(//∇//)
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180807j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20160122180826j:plain


今回使用するナットの素材は牛骨をオイル漬けにしたものです!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180839j:plain
黄色い方がオイル漬けです!
オイル漬けにすることで、とナットの摩擦抵抗が少なくなりチューニングも安定しナットの摩耗も抑えることができます!


さて、いよいよナットを加工していきます!
まずは、ギターにピッタリと隙間なくハマるように削っていきます!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180901j:plain
んん~、ぴったんこ(≧∇≦)b
素晴らしい!


次に形状の荒加工を行い、ピッチを正確に決め溝を専用ヤスリで深さや角度に細心の注意を払い、切っていきます!
また、ここでも新品に張り替え、適正な巻き数でのナットへのテンションのかかり方を確かめながら溝を仕上げていきます!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180925j:plain


角を丸め、ヤスリで磨いていきます!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122180940j:plain



そうすると……



じゃーん!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122181049j:plain
出来ました!完成です!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122181110j:plain
ピカピカに仕上がりましたよ(*´▽`*)
いいナットが付いているギターはオーラを感じますね~♪(´ε` )

今回の依頼はチューン・O・マチックブリッジの交換もありましたので、サドルの溝切りも行いました!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122181132j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20160122181147j:plain
サドル交換に関してはまたの機会に詳しくご紹介しまーす!

さて、一通り作業を終え最終調整を行いサウンドチェック♪
明らかに音の芯が太くなりました!
牛骨ナットにしたことでクリアーな音になりましたよ( ^^)/





そして今回は、ナットのチェック法を皆様に伝授します!
※あくまで目安です。

またこのチェック方法で引っかかる方は、ナット交換時期にきている可能性がありますので、楽器を持ってお店にGO!


チューニングしたギターを構えて3フレット(2フレットすぐ横)を押さえます。
f:id:shima_c_fukuoka:20160122181320j:plain
この時1フレットとの間に隙間があるかを確認します。
3フレットを押さえたままもう片方の手で1フレット上でを押したり離したりしてが1フレット上でペコペコ動いていればOK!
f:id:shima_c_fukuoka:20160122181349j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20160122181404j:plain
が1フレットにくっついて動かなければNG!

写真では分かり辛いですが、これは、1フレットにがくっついているためNGです。
f:id:shima_c_fukuoka:20160122181512j:plain

これを1~6全て行います!
どこかのだけでもNGの場合はナット交換が必要な可能性がありますのでご相談下さい!

ぜひ皆さんもMYギター、MYベースをナット交換でグレードアップ、カスタムしませんか?
ご来店お待ちしております!


ナット交換いかがでしたでしょうか?
少~し理論的なお話を交えながらお話していきましたが、
ナット交換にはまだまだ語りつくせないぐらいのリペアマンとしての技術やこだわりが詰まっています!
それだけギターの音に左右する重要な部分ということですね!!




以上、リペアマン尾仲でした!

2016年2月ギターリペア稼動スケジュール

f:id:shima_c_fukuoka:20160123112005j:plain
※「赤」リペア定休日となります。
それ以外は11:00~19:30にてリペアスタッフが常駐しております。簡易修理とその他修理の受付は全営業日となっております。

その他の「福岡ギター修理のすゝめ」を読みたい場合はこちら!

福岡ギター修理のすゝめ一覧 - 島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.