読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

エフェクターソムリエ佐々木の~つくってならそう~

みなさん初めまして!島村楽器福岡イムズ店の"エフェクターソムリエ"こと佐々木でございます!
このコーナーではお客様に作成したエフェクトボードを紹介させていただきます!

早速ですが初回となる今回はT様のボードをご紹介いたします!
f:id:shima_c_fukuoka:20170301170958j:plain
うーん!我ながら綺麗にまとめられました!!(左上のスペースには電源タップを組み込み予定です。)
Providenceの最新スイッチャーPEC-4Vをメインに組み上げることでコンパクトながら非常に機能性の高いシステムとなっています!
f:id:shima_c_fukuoka:20170301171031j:plain
PEC-4Vにはウワサのインピーダンスコンバーター"Vitalizer"が搭載されており、システムに入ったギターのシグナルが力強くナチュラルに安定化されるためクリーンはアンプ直と遜色のない鮮明さを、エフェクトもしっかりと乗っかりアグレッシブに、またノイズにも強くなるためステージでもレコーディングでも安心です!


○今回のこだわりポイント
・「セパレートループを個性的に活用!」
Loop3とLoop4間はセパレートループとなっておりLoop3を通過後は一度信号がシステム外に出力されます。ここでT様は常時ディレイを薄くかけて演奏されるとのことなので

【PEC-4V】
Guitar→in→Loop1(BD-2)→Loop2(AltirⅣ)→Loop3(microamp)→
sepalate loop(out→Delay→in)→Loop4(MEMORY BOY→Stargazer)→Amp

という配線にすることで常時かけっぱなしにし、以降のLoop4で任意にディレイ・リバーブをかけられるようにしました。

このセパレートループ、「パッチケーブルが1本余計に必要じゃないか…」と思われる方も多いと思いますが、実はこのように凄く便利な機能なのです!
T様の場合はディレイを入れることで個性的なサウンドアプローチを活かすシステムとなりましたが、例えばセパレートループ内にプリアンプを入れて後半のループに空間系を配置してアンプのリターンに繋ぐ…もしくはDIで直接ミキサー卓に送るといったシステムやピエゾPU搭載のエレキギターの場合、セパレートループのアウトからは普通のアンプに、ピエゾ出力を後半のLoop4に接続してアウトからDIで宅に送りプログラムによって両方鳴らす…または片方だけ鳴らすといったシステムを作ることも可能です。

その他にも各ループのSendからアンプにシグナルを送り、アンプセレクターとして使用したりすることもできますね!

ついついセパレートループについて熱く語ってしまいました…


いかがでしたでしょうか?
このように島村楽器福岡イムズ店ではエフェクターをご購入頂いたお客様にピッタリのボード製作にご協力をさせて頂いております!
「これからボードを組みたいけどどうすればいいの?」という方や「エフェクターって何?」という方、もちろん既にボードは組んでいるけどアドバイスが欲しいという方も是非ぜひ佐々木までご相談ください!

ではまた次回の更新をお楽しみに!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.