島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【2017福岡ギターショー】『セットアッパー志村昭三のギター解体ショー!』開催!

f:id:shima_c_fukuoka:20170726152146p:plain


みなさん!こんにちは!!福岡イムズ店の!!!佐々木です!!!!!
いよいよ来週末に迫って参りました!2017福岡ギターショー!各ブランドの予習は進んでいますか!?まだの方はこれまでの記事に各担当者がビシッと各ブランドの魅力をまとめていますのでチェックしてみてください!!

さて!本題に入りましょう!!
色々なブランドが見られるのもギターショーの魅力の一つですが、イベントも熱いんです!!いや!イベントこそ!!見逃せない!!
今回は私が担当するブランド"Providence"のギター・ベースの設計や木材の選定に携わり、出荷前に最終セットアップを施している志村昭三さんのイベントをご紹介いたします!

セットアッパー志村昭三のギター解体ショー!

セットアッパー志村昭三

f:id:shima_c_fukuoka:20170720102944j:plain
1954年、山梨県甲府市出身。地元のロックバンドでギタリストとして活動後19歳で上京。伝説のバンド「トランザム」や「パンタ&ハル」など多くのセッションに参加。26歳の時に本格的にリペアマンとしての仕事を開始する。早稲田に工房を開設しつつ、大手楽器店のリペア部門にも従事。その後、ダンカン・ギターのプロデュースやギターの製造技術に没頭し、この頃に今剛氏との交流を深める。また、音楽専門学校のギター・クラフト科講師も務め、多くの優れた人材を育成。並行して今剛、松原正樹など、数々の日本のトップ・ギタリストのギター・テクニシャンとしてコンサートツアーやレコーディングに参加。現在も数多くのアーティストのギターテクニシャンとして活躍中。

プロビデンスのギター/ベース開発においては”戦闘力”という合言葉のもと、企画の段階から参画し、使用する材やパーツの選定と生産の最終段階でのチェックとセットアップを担当する。
志村の長年にわたるトップ・アーティストとの交流と豊富な現場経験、そして知識と技が、一本一本の木が持つ特有のクセを見抜き、そして志村の手により一本一本の個性を活かすべく細部にわたって調整され、”戦闘力”という命を吹き込まれたギター&ベース、それがプロビデンス・ギター/ベースです。 (Providenceメーカーページより抜粋)

内容

志村昭三氏の手によって中古のストラトキャスターが一度分解され、そこから再度組み上げを行っていく中で細部にまでセットアップを施し、ギターの木材やパーツが持つポテンシャルを最大限に引き出します。国内のトップギタリスト達から信頼を集める志村氏のセットアップを通して「セットアップとは何か」「ギター・ベースにおけるセットアプの重要性」を体感頂けるでしょう。

会場・日時

会場 福岡イムズ9Fイムズホールメインステージ
開催日時 2017年8月12日 18時~

入場・観覧無料!!

この記事に関するお問い合わせ

島村楽器 福岡イムズ店
TEL 092-736-5610
担当 佐々木
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.