島村楽器 福岡イムズ店 シマブロ

島村楽器 福岡イムズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

弦楽器大展示会in福岡!開催までの道のりVol.4

皆さんこんにちは!
楽器大展示会in福岡!開催までの道のりVol.4を担当します、アミュプラザ博多店の村上桜です!

11月も残すところ1週間を切り、いよいよ寒さが厳しくなってきました。。
博多駅前や福岡市役所前で開催されているクリスマスマーケットでは、様々なイベントやお店があって連日多くの方で賑わっていますね!
そんなクリスマスマーケットと同じぐらいイベント盛りだくさん、心も体も温まること間違いなしの楽器大展示会in福岡!

前回までのブログと合わせてチェックすれば、もっともっとフェスタが楽しめますよ♪
ぜひご覧ください↓↓↓

fukuoka.shimablo.com

fukuoka.shimablo.com

fukuoka.shimablo.com


さて、今回はサンドリーネ・ラファンの弓をご紹介します!

サンドリーネ・ラファン

f:id:shima_c_fukuoka:20171124142743p:plain
Sandrine Raffine

1972年 フランス・ティエに生まれる
1991年 フランス国内にて、様々な名工のもと、弓職人としてのキャリアをスタートさせる
1992年 世界最高のオールド弓鑑定家である父:ジャン・フランソワ・ラファンのもとで働き始める
2007年 パリに自身の工房を構え独立
2012年 フランス政府より「Maitre Artisan en Metier d’Art(Master craftsman in bow making)」を授与される

彼女の作品は、棹の削り行程だけでなく、全てのパーツ製作に至るまで機械に一切頼らず、1本1本刃物だけで丁寧に手作りされています。
創造性あふれる芸術的センスにくわえて、演奏家のことを第一に考える姿勢は、世界中のプロから信頼を集めており、演奏家の所有する弓のケアも行っています。
そんな彼女の弓の中でも、福岡会場にゆかりのあるモデルがこちら!↓

「Kintsugi(金継ぎ)」

今回の楽器フェスタで出展されるのは「Kintsugi(金継ぎ)」というモデル。

f:id:shima_c_fukuoka:20171124155127p:plain

f:id:shima_c_fukuoka:20171124155458p:plain

この新しいモデルはラファン氏が福岡の大宰府を訪れた際、そこで出会った陶芸の伝統的技法、”金継ぎ”(*)からヒントを得てフロッグのアイをデザインしたとのこと。
※金継ぎ…陶磁器の割れや欠け、ひびなどの破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法。
日本の、それも福岡の伝統工芸がヒントになったこのモデル。。これはもう会場に足を運ぶしかないですね!!
当日、会場には他にも様々な弓がご用意してあります。
弓は本体の付属品のように扱われることもありますが、決してそんなことはなく、弓で音がガラッと変わります!
バイオリンとの相性もあるので、現在お持ちのバイオリンの魅力をもっと引き出してくれる弓があるかもしれませんね♪

楽器フェスタin福岡

f:id:shima_c_fukuoka:20171114100259p:plain
楽器フェスタin福岡は、12/1(金)~12/3(日)の3日間、福岡イムズ店で開催します!!!(詳細はこちら【弦楽器フェスタ福岡会場】九州最大級!! バイオリン・ビオラ・チェロ・楽弓の展示会! 福岡イムズ店 店舗情報-島村楽器をご覧ください。)

次回の楽器大展示会in福岡!開催までの道のりVol.5は、イオンモール筑紫野店の廣瀬さんです!
お楽しみに!!

お問合せ

店舗 島村楽器 福岡イムズ店
電話番号 092-736-5610
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.